Special Interview

編集者の箕輪厚介さんが令和の日本を代表するヒットメーカーの1人であることに異論を挟む人は少ないでしょう。『まだ東京で消耗してるの?』(イケダハヤト)、『多動力』(堀江貴文)、『メモの魔力』(前田裕二)など話題作、大ヒット […]

1