facebook twitter hatena pocket
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録
SNSマーケティング

​Pinterestの基本的な使い方と、企業の活用アイデア

最終更新日:2022.04.07

Pinterest(ピンタレスト)は画像ベースで情報を探せるSNSで、近年日本国内でもユーザー数を伸ばしているサービスです。ユーザーは好きな画像やアイデアをブックマークし、インスピレーションを得られます。Pinterestには、ビジネスアカウントを作成できる機能があるため、マーケティングに活用する企業も見られるようになっています。

この記事では、Pinterestの基本的な使い方と、企業の活用アイデアについてご紹介します。

目次

    Pinterestの基礎知識

    Pinterestを使って、具体的に何ができるのでしょうか。まずはPinterestとはどのようなサービスなのか、特徴や他のSNSとの違いについて説明します。

    そもそもPinterestとは?

    Pinterestはインターネット上にある画像や動画を収集して整理したり、Pinterest上にある「ピン」を検索したりできるビジュアル探索ツールです。

    Pinterest上でブックマークした画像や動画のことを「ピン」と言い、自分以外のユーザーが作成したピンを自分のボードに加えることを「リピン」と呼びます。Pinterestはアイデアの検索・収集だけでなく、ピンをもとに詳細な情報を確認したり、購入先に遷移したりすることもできるため、海外をはじめ日本でも企業のマーケティングに活用されています。

    Pinterestの特徴

    Pinterestは画像を主軸においたサービスのため、類似するSNSのInstagramと似ていると感じる方がいるかもしれません。Pinterestの特徴は次の通りです。

    ・主な機能

    Pinterestでは気になる画像やアイデアのピンを作成したり、すでにPinterest上にあるピンを保存・シェアしたりすることができます。そのほか、ピンをまとめる場所となる「ボード」をテーマごとに作成し、ピンを整理することも可能です。

    また、Pinterestで作成できるコンテンツにはもう1つ「アイデアピン」があります。アイデアピンは画像や動画などを組み合わせて、最大20ページまで投稿できるピンです。例えば、レシピやメイクなど手順の説明が必要な場合に、アイデアピンを活用すれば複数の画像や動画を組み合わせて投稿することができます。

    ・ユーザーの用途例

    Pinterestでは、画像からインスピレーションを得やすいトピックが人気を集めています。具体的には下記のような使い方が考えられます。

    • 料理のボードを作成し、気になるレシピのピンを保存。保存したピンの中から献立を考えたり、料理を作ったりする
    • 結婚式のボードを作成し、会場のデザインやドレスの形など、気に入ったピンを保存。結婚式のイメージを膨らませ、企画に活かす
    • 「画像を集めてシェアする」というシンプルな仕組みなので、Pinterestはアイデア次第で多様な活用の仕方があります。

    ・ユーザー数

    Pinterestは2020年7月に、月間アクティブユーザー数が世界で4億人を突破したことを発表しました。利用率は女性が60%です。その後、2020年第4四半期には4億5900万人を記録し、2021年第4四半期は4億3100万人となっています。なお、ニールセンの調査によると、日本国内の月間利用者数は870万人と言われています。

    出典:
    ピンタレスト・ジャパン合同会社
    Pinterest の月間アクティブユーザー数が 4 億人を突破ーZ 世代、男性、ミレニアル世代が成長を牽引
    Pinterest 、 2022年前半の日本の広告事業展開に向けてカントリーマネージャー就任を発表
    Pinterest
    Pinterest Announces Fourth Quarter and Full Year 2021 Results*

    Pinterestの使い方【基本編】

    Pinterestの使い方はシンプルです。ここでは基本的な使い方について、手順に沿って解説します。

    アカウント登録

    Web、またはスマホアプリからアカウントを登録します。

    1. PinterestのWebページにアクセスする(スマホの場合はアプリをダウンロードする)
    2. 画面右上の「無料登録」をクリックする
    3. メールアドレスまたはFacebook、Google、LINEアカウントを利用して登録する。「続行」をクリックするとアカウント作成が完了
    4. 「簡単な質問に答えて、気になるアイデアを好きなだけチェック!」と表示されたら「次へ」をクリックし、性別、言語、国を選択する
    5. 「フィードをカスタマイズする」で、興味のあるトピックを最低5つ選択する
    6. 「完了」をクリックする

    アカウント登録が完了するとホームフィードが表示され、登録時に選択したカテゴリに基づいてピンが提案されます。

    参考:Pinterestヘルプセンター「Pinterestアカウントを作成する

    基本画面の見方

    Pinterestのメインの画面の見方についてご紹介します。

    ▲PCの場合

    ・ホームフィード

    「ホーム」を選択すると、自分のホームフィードが表示されます。アカウント登録時に選択した興味のあるトピックや、自分がピンした画像に基づくおすすめのピンやユーザーのほか、フォローしているユーザーのピンが表示されます。

    ・検索ページ

    スマホアプリの場合は画面下の検索マークをタップ、Webの場合は画面上部の検索窓にキーワードを入力すると、ピンを探せます。複数キーワードでも検索が可能です。

    スマホアプリの検索画面では、おすすめのアイデアや人気のピンなども表示されるので、気になるものを見つけたらクリックしてみると良いでしょう。

    ・メッセージ

    スマホアプリの場合は画面右下、Webの場合は画面右上にメッセージ機能があります。
    気に入ったピンや面白いアイデアを発見した際に、メッセージアプリに移動せずに友人メッセージを送ったり、シェアしたりすることができます。

    ・プロフィール

    スマホアプリの場合は画面右下、Webの場合は画面右上に表示されるプロフィールアイコンを選択するとプロフィールページに遷移します。

    プロフィールページでは、今まで保存したピンや作成したボード、アイデアピンなどが表示されるほか、自分のフォロワーやフォロー数もここで確認できます。

    フォロー

    気に入ったアカウントを見つけたら、フォローすることができます。ホーム画面などで気になったピンをクリックして詳細に飛び、「フォロー」ボタンを押すだけです。フォローしているアカウントは、自分のプロフィールから確認できます。

    ピンの保存・シェア

    ・ピンを保存する

    Pinterestでは、気になる画像やアイデアを見つけたら、保存することができます。TwitterのブックマークやInstagramの保存に似ていますが、Pinterestはトピックごとに分けて保存できるため、整理したり、後から画像を探したりしやすいのが特徴です。

    なお、ピンの画像はPCやスマホにダウンロード可能ですが、著作権は基本的にその著作物を創作した人に帰属するため、取り扱いには注意しましょう。

    参考:Pinterestヘルプセンター「著作権

    ・ピンをシェアする

    Pinterestは、ピンやボード、ユーザーのプロフィールをPinterest内もしくは各種SNSなどでシェアできます。Pinterestのアカウントを持っていない人にも、Pinterestで見つけたアイデアをスムーズに共有することが可能です。

    参考:Pinterestヘルプセンター
    ピン、ボード、プロフィールをシェアする
    SNS アカウントでピン、ボード、プロフィールをシェアする

    ピンの作成とボードの追加

    ・ピンを作成する方法

    1. Webの場合は画面の右下の「+」をクリック、スマホアプリは画面下にある「+」をタップする
    2. 「ピンを作成する」を選択する
    3. 画像をアップロードする
    4. タイトル、説明文、移動先リンクを追加する
    5. 右上のドロップダウンメニューからピンの保存先となるボードを選択するか、「新規ボードを作成する」をクリック
    6. 「保存」をクリック

    なお、Webサイト上の画像やアイデアでピンを作成したい場合は、サイトのURLを入力し、画像を選択します。

    ・新規ボードを作成する方法

    1. ページ右上にあるプロフィール写真をクリックしてプロフィールを開き、画面の右側にある「+」をクリック、スマホアプリは画面下にある「+」をタップする
    2. 「ボード」を選択する
    3. ボード名を入力
      ※非公開にする場合は「このボードを非公開のままにします」をオンにする
    4. 「作成する」をクリック

    ボードの中身は、さらに「サブボード」を作成して、わかりやすく整理することができます。例えば「ヘアスタイル」の画像を集めたボードの中に「ショート」「ミディアム」「ボブ」などスタイルごとにサブボードを作成すると、情報が整理されて探しやすくなるでしょう。

    参考:Pinterestヘルプセンター
    新規ボードを作成する
    サブボードを作成する

    Pinterestの使い方【企業活用編】

    企業としてPinterestを活用する場合、Pinterest ビジネスアカウントの利用がおすすめです。ビジネスアカウントではPinterest アナリティクスと呼ばれる解析ツールを利用できるほか、広告の実施などが可能です。

    ビジネスアカウントの作成方法

    ビジネスアカウントは新規でアカウントを作成するほか、いくつかの方法があります。

    ・ビジネスアカウントを新規作成

    会社としてアカウントを新規で作成する場合、下記の要領で新規のビジネスアカウントを作成しましょう。

    1. 下記のページにアクセスし、「アカウントを作成」をクリックする
      https://business.pinterest.com/ja/
    2. 「ビジネスを拡大しよう」と表示された下に、メール、パスワード、年齢を入力して「アカウントを作成」をクリックする
    3. 「プロフィールを作成する」フィールドに入力し、「次へ」をクリック
    4. 「ビジネスの紹介」フィールドに入力し、「次へ」をクリック
    5. 広告の実行の有無を選択して「次へ」をクリックし、スタートする場所を選択するか「×」をクリック

    ・個人アカウントとリンクするビジネスアカウントを作成

    個人アカウントにビジネスアカウントをリンクさせると、両方を簡単に切り替えられるため、個人でビジネスアカウントを運用したい場合におすすめです。同じメールアドレスとパスワードで両方のアカウントにログインでき、Pinterest の個人アカウント 1 件につき、最大で 4 件のビジネスアカウントをリンクさせることができます。

    1. Webの画面右上にある、下向きの山括弧のようなアイコンをクリックし、「アカウントを追加」を選択
    2. 「ビジネスアカウント(無料)を作成する」の下にある「作成する」をクリック
    3. 「個人アカウントにリンクするビジネスアカウントを作成」をクリック
    4. 「リンクされたアカウントを作成する」をクリック
    5. 「ビジネスアカウントを新規作成」の手順「3」~「5」と同様に進める

    ・個人アカウントをビジネスアカウントに移行

    すでに作成済みの個人アカウントをビジネスアカウントに移行することもできます。個人として作成したピンやフォロワーはそのまま維持されます。

    1. Webの画面右上にある、下向きの山括弧のようなアイコンをクリックし、「ビジネスアカウントへ切り替える」を選択
    2. 「アップグレード」をクリック
    3. 「ビジネスアカウントを新規作成」の手順「3」~「5」と同様に進める

    参考:Pinterestヘルプセンター「ビジネスアカウントに登録

    企業の活用アイデア

    Pintererstは外部サイトへの導線を作りやすいことやブランディングを兼ねた情報発信がしやすいことなどから、ビジネス目線でも活用するメリットが多く秘められています。最後に企業がPinterestを活用する際のポイントをご紹介します。

    ・ジャンルごとにボードを作成し、自社商品の画像をピンする

    例えばインテリアを扱う会社の場合、ジャンルごとにボードを作成し、デザインのポイントやイメージが伝わる画像をピンします。すると、Pinterestアカウントが自社のコンセプトを視覚的にわかりやすく伝えるポートフォリオとして役割を果たすようになるでしょう。

    ・自社サイトからピンを作成し、流入につなげる

    PinterestのピンにはURLを設定できます。自社サイトのURLからピンを作成したり、アップロードした画像に関連するURLを設定したりすれば、Pinterest経由での流入につなげられる可能性があります。

    Pinterestの活用で集客力を強化

    画像を中心に世界中からアイデアを集められるPinterestは、個人で利用して便利なのはもちろん、ビジネスとしても活用可能なツールです。

    TwitterやInstagramなどに比べ、日本国内での企業活用はまだ少ないものの、徐々に広がりを見せています。自社のターゲット層とPinterestユーザーがマッチするようであれば、製品やサービスのイメージを共有したり、Webサイトへの集客につなげたりするなど、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

    Marketing Native編集部

    記事執筆者

    Marketing Native編集部

    Marketing Native(マーケティングネイティブ)は株式会社CINC(シンク)が運営しているメディアです。 CMOのインタビューやニュース、Tipsなど、マーケターに役立つ情報を発信しています。
    Twitter:@market_native
    Marketing Nativeについて

    メルマガ登録する

    メルマガ登録
    週2メルマガ

    最新情報がメールで届く

    登録

    登録