facebook twitter hatena pocket
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録
ニュース

データ分析そのものや仮説の作り方、問題の解き方がわかる!松本健太郎さんの著書『データ分析力を育てる教室』が発売

最終更新日:2022.06.28

Marketing Nativeにもご出演・ご寄稿いただいたデータサイエンティスト・松本健太郎さんの16冊目となる著書『データ分析力を育てる教室』(マイナビ出版)が6月28日に発売されました。データ分析を通じて価値ある意思決定を行う方法に焦点を当て、仮説の作り方や問題の解き方を丁寧に解説しています。

目次

    データ分析から意思決定にたどり着くためのプロセスを授業のように解説

    データ分析に取り組んだものの、「すでに知っている事実しかわからなかった」「驚くような示唆が得られなかった」などと悩んだ経験はありませんか。データを用いて特定の課題を解決するには、データを分析するだけでなく「仮説構築」や「仮説検証」を行い、意思決定につなげる必要があります。

    6月28日に発売された松本健太郎さんの著書『データ分析力を育てる教室』では、データ分析から意思決定にたどり着くためのプロセスを、「筋の良い可能性の選択肢を増やす戦い」である仮説構築と「確からしい可能性の選択肢に絞り込む戦い」である仮説検証に分けて詳しく解説しています。

    数式やプログラミング言語は一切出てきません。具体例と図解が豊富でデータ分析初心者の方にもわかりやすく、章ごとの「ふり返り」で学んだ内容を復習できるようになっています。データ分析に課題を感じている方、レベルアップしたいと考えている方などに役立つ1冊です。

     

    【本書の構成】

    1章 データ分析とは何だろう?
    2章 問いから始まる
    3章 仮説を作る
    4章 観察と洞察
    5章 証明
    6章 伝わるコミュニケーション

    定価:本体2,090円+税
    ページ数:240ページ
    発行:マイナビ出版

    メルマガ登録する

    メルマガ登録
    週2メルマガ

    最新情報がメールで届く

    登録

    登録