ニュース
2021.11.10

Instagramがアクションボタンの対象を美容室やネイルサロン予約にも拡大

Instagramは11月10日(日本時間)、ユーザーの行動を促すことができるツール「アクションボタン」の対象を、国内で初めて美容室やネイルサロンの予約に拡大することを発表しました。美容室やネイルサロンなどのビジネスアカウントは、Instagramのプロフィールに「予約する」ボタンを表示し、利用者に来店予約を促すことができるようになります。

目次

予約用アクションボタンの詳細と連携パートナー

 

アクションボタンの導入によって、ユーザーは美容室やネイルサロンを発見し、来店予約というアクションに至るまで、アプリを閉じることなくInstagram上で完結することができます。日本国内ではこれまで、飲食店向けのレストラン予約のアクションボタンのみ利用可能でしたが、今後はInstagramのビジネスプロフィールを利用しているアカウント(ビジネスアカウント)で、連携パートナーが提供する予約サービスに加盟している美容サロンであれば、無料で同機能を利用することができます。

今回、美容サロン予約において連携するパートナーサービスは以下の通りです。また、株式会社EPARK メディアパートナーズが提供する「EPARKビューティー」も今後連携する予定です。

また、個人でInstagramアカウントを持ち、積極的に発信しているヘアスタイリストやネイルアーティストなども、ビジネスアカウントに切り替えればプロフィールにアクションボタンを設置することが可能です。

本機能を設定した美容サロンは、今年(2021年)6月に導入した地図検索機能上でも「予約する」ボタンが表示されるため、近隣の美容室やネイルサロンを探しているユーザーに対し、来店予約を簡単に促すことができます。

アクションボタン提供の拡大背景

アクションボタンの提供を美容サロンに拡大するにあたり、Facebook Japan株式会社 代表取締役の味澤将宏氏は次のように述べています。

「Metaでは昨年より、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小ビジネスを支援する取り組みを継続して行ってきました。アクションボタンの対象を美容サロンに広げることで、さらに多くのビジネスの支援につながると考えています。Instagramは写真や動画などのビジュアルによるコミュニケーションが特長であり、美容業界との親和性が高いプラットフォームです。既に多くの美容室やネイルサロンなどのビジネスや、そこで働く美容師やネイリストの方々がInstagramを積極的に活用しており、Instagramからシームレスに来店予約を促すアクションボタンの導入で、さらに多くの美容ビジネスの成長に貢献できると期待しています。」

さらに、飲食店がプロフィールに「席を予約する」ボタンを表示し、利用者に来店予約を促すことができるレストラン予約の連携パートナーも拡充します。新たにRetty株式会社が提供する「Retty」および株式会社EPARKグルメが提供する「EPARKグルメ」も今後利用可能になる予定です。

▼プレスリリース
Instagram、アクションボタンを美容サロン予約にも拡大

メルマガ
メルマガ
メルマガ
メルマガ