ニュース
2021.11.10

「機内食」「推し活」「ソロゴルフ」…2021年に楽天グループで特に伸びたトレンドキーワードは?「楽天グループ ヒットキーワード2021」&「楽天グループ ヒット予測キーワード2022」 発表

楽天グループ株式会社が、各種サービスのデータをもとに同社初となる「楽天グループ ヒットキーワード2021」(※1)と「楽天グループ ヒット予測キーワード2022」 (※2)を発表。「楽天グループ ヒットキーワード2021」は、 2021年に流通額や検索数、ユーザー取引数などが特に伸びたサービスをもとに選出しており、「楽天グループ ヒット予測キーワード2022」 は2022年にヒットを期待するサービスを選んでいます。

※1:2021年1月~9月の対象期間内で流通額やユーザー取引数、アクセス総数、宿泊人泊数がとくに伸びたサービスからキーワードを独自に選出
※2:2022年に向けて楽天グループが期待するキーワードを独自に選出

目次

「楽天グループ ヒットキーワード2021」には「機内食」や「推し活」などがランクイン

流通額や検索数、ユーザー取引数などが2021年に特に伸びたサービスが選出された「楽天グループ ヒットキーワード2021」には、「機内食」や「推し活」「大人の趣味消費」など、コロナ禍ならではのトレンドキーワードが並んでいます。

機内食

2021年はインターネット・ショッピングモール「楽天市場」における「機内食」の流通額が、販売初月と流通最大月を比べると約10倍(※3)に伸長しました。「機内食」はコロナ禍における国際線の大幅減便が原因で余ったことから販売がスタート。自宅にいながら旅行気分や非日常感が得られることから、「楽天市場」の各種ランキングで上位となる人気商品になりました。

※3:2020年12月の販売初月と2021年3月の売り上げ最大月の「楽天市場」における機内食の流通額を集計

推し活

アイドルやミュージシャンなどのライブやイベントの延期・中止が続く中、2021年は「推し」を応援するための消費が活発になりました。オンライン書店「楽天ブックス」において、サイン本の売り上げは約2.8倍(※4)、「楽天ブックス」限定特典付きCD/DVDの売り上げは約2.5倍(※5)に伸長し、「推し活」関連商品の消費が顕著にあらわれました。

また、フリマアプリの楽天「ラクマ」ではシニア世代によるアイドル関連グッズの取引も増加。「DVD/ブルーレイ」の「アイドル」カテゴリーでは、60代以上の女性利用者の取引数は約2.6倍(※6)に伸長するなど、幅広い層が「推し活」を楽しんでいる様子が見受けられました。

※4:2020年1月~9月と2021年1月~9月の「楽天ブックス」におけるサイン本の販売データをもとに集計
※5:2020年1月~9月と2021年1月~9月の「楽天ブックス」における「楽天ブックス」限定特典付きCD/DVDの販売データをもとに集計
※6:2019年7月~2020年6月と、2020年7月~2021年6月の楽天「ラクマ」における「DVD/ブルーレイ」の「アイドル」カテゴリーの性年代別 取引数で比較

ソロゴルフ(1人予約)

三密を回避できるアウトドアスポーツとして、コロナ禍以降は1名からでも予約できる「ソロゴルフ(1人予約)」の人気が高まっています。ゴルフ場予約サイトの「楽天GORA」では、1人予約の送客人数が前年比1.2倍(※7)に伸長しました。感染対策以外にも、時間が空いたときに手軽に申し込めるなどのメリットがあります。

※7:2020年1月~12月の送客実績と、2021年1月~9月の送客実績と10月~12月の送客見込みを集計

大人の趣味消費

ステイホームの長期化により充実した「おうち時間」を過ごすため、今までとは少し違った新しい趣味に対する注目度が高まりました。「楽天市場」では、割れや欠けなど陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金属粉で装飾して仕上げる修復技法「金継ぎ」の初心者向けキットなどの関連商品の流通額が約2.5倍(※8)になりました。また、昨今のデジタル化に反した消費トレンドとして、アナログな音楽を楽しめる「レコード」が再注目されており、流通額は約2.3倍(※9)に伸びました。

※8:2020年1月~9月と2021年1月~9月の「楽天市場」における「金継ぎ」キーワードを含むアイテムの流通額を集計
※9:2020年1月~9月と2021年1月~9月の「楽天市場」における「レコード」キーワードを含むアイテムの流通額を集計

サステナブル消費

SDGs認知拡大による”サステナブルなお買い物”への関心が世界的に高まっている中、サステナブル(持続可能)な消費を提案する「EARTH MALL with Rakuten」での流通総額が前年比約4.1倍、サイトアクセス数は約4.8倍に伸びました(※10)。どこで、どのような素材を使って、どのように作られたのかを意識してサステナブルな買い物を楽しむ人が増えているようです。

※10:2020年1月~9月と2021年1月~9月の「EARTH MALL with Rakuten」の流通総額とサイトアクセス総数を集計

資産形成

楽天グループの証券サービス「楽天証券」における「つみたてNISA」が約150万口座、国内シェア35.4%(国内全体418万口座)となりました(2021年6月末時点)。

「楽天証券」では、近年、投資初心者や30代以下の若い世代も続々と口座を開設して資産形成を始めるなど、利用者層が広がっています。2021年1月~6月の新規口座開設者は、女性が約5割を、 30代以下が約7割を占めています。コロナ禍で時間・余暇資金ができたことや、老後資金準備の必要性が浸透してきたという外部要因に加え、「楽天ポイント」で投資信託が購入・積立できるサービス、「楽天カード」のクレジット決済で投信積立ができるサービス、「楽天銀行」との連携サービスなど、「楽天経済圏(エコシステム)」の強みを活かしたサービスへの好感度が高まっていると考えられます。

特に、「つみたてNISA」口座の増加は著しく、投資をする層の拡大とともに、まずは非課税制度を利用した資産形成を始める人が比例して増加したことがうかがえます。

古民家ステイ

コロナ禍で癒しを求めた利用者が多かった影響からか、古き良き懐かしい温もりが感じられる古民家への人気が高まりました。旅行予約サービス「楽天トラベル」での古民家全体の宿泊人泊数は、前年同期比約1.4倍(※11)に伸長しました。

また、「楽天トラベル」の宿泊施設名または宿泊プランに「古民家」のキーワードが含まれる宿泊施設を対象に、宿泊人泊数が多い順にランキングを作成した結果、栃木県の「湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽〜AGEHA〜」が1位を獲得しました。対象期間中の宿泊人泊数の前年同期比は約1.6倍と伸長しており、特に20代の夫婦・カップルは約1.9倍と大幅に成長しています。

※11:2019年9月~2020年8月と2020年9月~2021年8月の「楽天トラベル」における「古民家」のキーワードを含む宿泊施設または宿泊プランの宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)を集計

「楽天グループ ヒット予測キーワード2022」には金融系サービスに関連するキーワードが目立つ結果に

2022年にヒットを期待するサービスを選出した「楽天グループ ヒット予測キーワード2022」では、金融系サービスに関連するキーワードが目立つ結果となりました。

NFT

NFTはデジタルデータに固有性と希少性を保証できることから、デジタルコンテンツ分野における画期的な技術であり、コンテンツ産業を革新する可能性があるものとして、近年ではスポーツやエンターテインメントなどの分野で注目が高まっています。楽天グループでは2022年春に「Rakuten NFT」を提供開始し、決済に楽天IDを使用して「楽天ポイント」を貯めたり、使ったりすることもできるようになる予定です。

ロボットアドバイザー(ロボアド)

ロボアドバイザーとは、いくつかの質問に答えることで、自身のリスク許容度を図り、最適な運用コースや商品を提案してくれるサービスです。資産形成を始める人が増えるなか、投資初心者でも始めやすいサービスの1つとして、再度注目が高まりつつあります。「楽天証券」では、ロボアドバイザー「楽ラップ」に加えて、21年6月に「らくらく投資」を開始し、順調に利用者が増加しています。

金融教育

2022年度から始まる高校の新学習指導要領では、家庭科の授業で「資産形成」の視点に触れるよう規定されています。 収支バランスの重要性とともに、リスク管理も踏まえた家計管理の基本を学べるようにすることが目的です。授業では、生涯を見通した経済計画を立てるために必要な教育資金、住宅取得、老後の備えのほかにも、事故や病気、失業などリスクへの対応、預貯金、民間保険、株式、債券、投資信託などの基本的な金融商品の特徴(メリット、デメリット)、資産形成の視点にも触れられるようになります。これを機に、マネーリテラシーを身に付けることについて、さらに関心が高まるのではないでしょうか。

「楽天ブックス」では、2021年1月から4月までの「お金・投資」関連本の売り上げが前年同期比2.0倍になりました(※12)。年代別では20代が2.3倍となり、若年層において資産形成や投資への関心が高まっていることがわかります。

※12:2020年1月~2020年4月と2021年1月~2021年4月までの期間に販売された「お金・投資関連本」の販売データを比較

認知症保険

2022年は団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者に到達する最初の年にあたり、厚生労働省によると 、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症患者になるといわれています(※13)。また、厚生労働省の調査では、「認知症」(要介護者)が介護が必要となった主な原因の1位となっており(※14)、今後は「認知症」に対する備えがますます重要になることが見込まれています。「楽天生命」でも2021年8月より「楽天生命認知症保険」を販売開始しています。

※13:平成26年度厚生労働科学研究費補助金特別研究事業「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」※各年齢の認知症有病率が上昇する場合(認知症の有病率に影響する糖尿病有病率が、2012年から2060年までに20%増加すると仮定)
※14:厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」

▼プレスリリース
楽天、「楽天グループ ヒットキーワード2021」と「楽天グループ ヒット予測キーワード2022」を初めて発表

メルマガ
メルマガ
メルマガ
メルマガ