ニュース
2021.11.10

飲食店のフードデリバリーアカウント管理を最適化 「フードデリバリーマネージャー(FDM)」がWolt・foodpandaとの連携を開始

飲食店が運用するフードデリバリーの最適化を行うLisa Technologies株式会社は、提供する「フードデリバリーマネージャー(FDM)」において、2021年11月10日よりUber Eatsに加え、Woltやfoodpandaとの連携を開始しました。これにより、各アカウントの管理・改善を効率化できるようになります。

目次

「フードデリバリーマネージャー」とは

「フードデリバリーマネージャー」はUber Eats・Wolt・foodpandaのアカウントの売上やお客様の行動データを一括管理。データ解析を行い、アカウントに沿った最適な改善提案を行うプラットフォームです。販売戦略やマーケティング戦略、市場分析を行い、フードデリバリーの成功を徹底サポートします。

Wolt・foodpandaとの連携の背景

飲食店の多くは複数のフードデリバリープラットフォームを導入しています。すると、売上や分析などのデータを確認するために、各プラットフォーム・アカウントに都度ログインをする手間が発生し、管理しにくい課題があります。

今回の連携により、「フードデリバリーマネージャー」においてUber Eats・Wolt・foodpandaの各アカウントデータを一元管理することが可能になりました。また、「フードデリバリーマネージャー」では各プラットフォームのアカウントに合わせた最適な改善施策の提案も行われます。

フードデリバリー市場について

コロナ禍における長引く自粛や飲食店の営業時間短縮要請で、フードデリバリーに対する需要は一気に高まりました。2020年には6,000億円の市場規模まで拡大しましたが、今後のニューノーマル時代ではフードデリバリーの需要はさらに拡大し、約10兆円規模(※)の市場になるとの予想も出ています。

DIME「KDDIがフードデリバリー事業のmenuと資本業務提携、飲食ジャンルから経済圏の拡大を目指す」

※Uber Eats・Wolt・foodpandaは以下企業の商標登録または商標です。
・Uber Eats:Uber Technologies社
・Wolt:Wolt社
・foodpanda:Delivery Hero社

▼プレスリリース
フードデリバリー最適化SaaS『フードデリバリーマネージャー(FDM)』がWolt・foodpandaとの連携を開始

メルマガ
メルマガ
メルマガ
メルマガ