facebook twitter hatena pocket
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録
ニュース

“猫の推し活” で保護猫団体を“自続可能”にする「neco-note」、2月22日よりサービス開始予定

最終更新日:2022.02.04

保護猫団体と協業し、企業や自治体の社会貢献をサポートする株式会社neconoteは、猫が助かる “猫の推し活” サービス「neco-note(ネコノート)」を、 2022年2月22日(猫の日)よりサービス開始することを発表した。

目次

    「neco-note」とは

    保護猫活動はボランティアでの関わりが大半を占め、莫大なコストもかかるために、“自続”可能でない、という問題がある。「neco-note」は、保護猫団体の“自続可能性”を高めるためのサービスだ。お金はあるけれど時間に余裕のない人、時間はあるけれどお金に余裕がない人など、様々な立場の人がそれぞれの関わり方で保護猫活動に参加することで、保護猫団体の “自続可能性” の向上へとつなげる狙い。

    「猫のためになにかしたいけれど、”できない”」という想いを抱える人が、月会費で会員(バディ)登録を行い、気に入った猫の新しい家族探しを応援する。推している猫(ネコバディ)のライブチャットなど様々な限定コンテンツは、同じ猫を推すバディ限定で配信される。追加課金により、ネコバディを複数登録したりライブチャットで使えるおやつ券を購入したりすることも可能。月会費や課金額の50%はネコバディが所属する保護猫団体に寄付される。

    他にも、ボランティアマッチング機能やバディの活動履歴を可視化する機能などがあり、保護猫団体の活動をサポートできる仕組みだ。

    保護猫団体を “自続可能” にする新プラットフォームの仕組み

    1:保護猫が生み出す経済循環が保護猫団体を支える

    バディによるサービスの利用(推し活)の課金は保護猫団体の活動費となり、団体活動を支える。保護猫活動では、1頭あたり数万円から数十万円の医療費や餌代が1カ月でかかる場合もある。一方で、収入源を寄付に頼ってしまっているのが現状となっており、「neco-note」により一定の収入が見込めることで保護猫団体の活動全体が安定し、より多くの猫を保護できるのでは、と期待されている。

    2:寄付ではなく”購入”で、保護猫活動に貢献できる「ライブチャット機能」

    「neco-note」では、ライブチャットや配信で使えるおやつ券など、猫好きの「かわいい」「応援したい」というポジティブな感情に応えるコンテンツを提供する。

    3:不足している人手やスキルを補う「ボランティアマッチング機能」

    保護猫団体の負担を増やさないため、「neco-note」にはボランティアマッチング機能も搭載。この機能により、ライブ配信やSNSの更新、日々の活動で不足している人手やスキルを補うことができる。保護猫活動のボランティアは一般的に一括りで募集されがちだが、「neco-note」では、「写真撮影」や「運転」「イベントスタッフ」などスキルベースで募集を行うので、参加者の能力を最大限発揮することができる。

    4:譲渡をスムーズにする「保護ログ」

    「保護ログ」は、「neco-note」内での保護猫活動(バディ契約やボランティアなど)の履歴データを蓄積し、可視化する機能。通常、保護猫団体は虐待などが行われないように譲渡希望者の情報を詳しく聞くが、双方にとって負担が大きいのが課題となっている。ユーザーが「保護ログ」を見せれば保護猫活動の経歴を伝えることができるため、保護猫団体・ユーザー双方の負担を軽減できると言う。

    なお、「neco-note」の開発費のためにクラウドファンディングを実施中。目標金額の100万円はすでに達成しているが、より多くの人にサービスを届けていくために、ネクストゴールに挑戦中とのこと。

    “猫の推し活” で保護猫業界の未来を変える『neco-note』が、今世紀最大の猫の日(2022年2月22日)にサービス開始!

     

    メルマガ登録する

    メルマガ登録
    週2メルマガ

    最新情報がメールで届く

    登録

    登録