facebook twitter hatena pocket
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録
ニュース

“空飛ぶクルマ” 一般向けVR体験の実証実験を東京・丸の内で実施

最終更新日:2022.02.03

デロイト トーマツ グループ、有志団体Dream On、三菱地所株式会社、Tokyo Marunouchi Innovation Platform(TMIP)は、“空飛ぶクルマ”(eVTOL※1)の社会実装に向けた認知度向上施策を始動した。その一環として、VRコンテンツを体験できる“空飛ぶクルマ” VR用体験車両を用いた一般向け実証実験を、2022年2月28日、3月1日の2日間で実施する。今回行われる東京・丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)での検証結果を踏まえ、今後は全国各地での取り組みを検討、展開していくとのこと。

※1:eVTOL=electrical Vertical Take Off and Landingの略。“空飛ぶクルマ”とは、「電動」「自動(操縦)」「垂直離着陸」を一つのイメージとした新たなモビリティで、世界各国で機体開発の取り組みがなされている。国内においても、都市部での送迎サービスや離島や山間部での移動手段、災害時の救急搬送などでの活用が期待され、実用化に向け官民連携での検討が進められている。

目次

    認知度向上を目的に、実証実験を実施

    現在、国内での有人試験飛行の実施など、技術的な課題解決に向けた検討が進みつつあり、国も「デジタル田園都市国家構想」を体現するモビリティとして必要な制度整備に意欲を示す一方、“空飛ぶクルマ”の実用性や安全性を含めた一般的な認知・理解などの社会受容性が重要な課題となっている。

    今回の実証実験は、より多くの人に認知・理解を広げ、ビジネス機会や“空飛ぶクルマ”のある暮らしを人々が思い描くきっかけを作るのが目的。TMIP取りまとめのもと(事務局:三菱地所、パートナーズ:デロイトトーマツ)、デロイト トーマツ グループとDream Onが共同開発したVRコンテンツを用いて、TMIP会員企業ならびにエリアワーカーを対象に体験・検証の場を設ける。

    “空飛ぶクルマ”搭乗中イメージ 🄫 Dream On、Deloitte Tohmatsu Group

    【実証実験の概要】
    実証期間:2022年2月28日、3月1日
    実証場所:3×3 Lab Future(東京都千代田区大手町1-1-2 大手町タワー・ENEOSビル1F)
    実証対象:TMIP会員企業、東京・丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)のワーカー
    実証目的:
    (1)“空飛ぶクルマ”の社会受容性の検証
    (2)今後の活用・展開可能性の検証
    (3)疑似体験を通じた社会的認知の拡大
    想定シーン:
    “空飛ぶクルマ”のユースケースの一つとして想定している地方交通への活用
    VR体験予約URL:https://tmip220228.peatix.com
    ※新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、実施期間や検証内容などが変更になる可能性がある。

    搭乗手続きから目的地到着後のアクティビティまでを体験

    “空飛ぶクルマ”のユースケースの一つとして想定されている地方交通への活用をテーマに、地方空港到着後から“空飛ぶクルマ”による宿泊予定ホテル到着まで、VRゴーグルを着用した状態で乗り込むフルダイブ型の仮想飛行を体験できる。1:搭乗手続き、2:車内での過ごし方、3:目的地到着後のアクティビティといった一連の流れを通して“空飛ぶクルマ”を活用し、乗り換えの手間や移動時間の短縮といった交通課題の解消、空からの遊覧観光など、地域の新しい魅力の創出といった “空飛ぶクルマ”の活用を具体的にイメージできる内容になっている。

    1:搭乗までの手続き

    “空飛ぶクルマ”のチケット予約や手荷物チェックといった搭乗までに必要な手続きを体験できる。

    搭乗口 🄫 Dream On、Deloitte Tohmatsu Group

    2:搭乗中での過ごし方

    “空飛ぶクルマ”に搭乗後、目的地まで車内でどのように過ごすのかは、これまで十分に議論がされてきていなかった。今回のVRコンテンツでは、飛行中のアクティビティや機内のインフォテインメント(情報と娯楽を融合した造語のこと)にも焦点をあて、移動中にできることや起こることを体験する。

    “空飛ぶクルマ”搭乗中イメージ 🄫 Dream On、Deloitte Tohmatsu Group

    3:降機後のアクティビティ

    “空飛ぶクルマ”による新しい移動は、降機後のアクティビティにも影響を与えると言う。移動だけでなく、空と地上で連動した新しいアクティビティの提案、移動中のチケット購入、保険加入のようなアクティビティに向けた準備などを通じ、“空飛ぶクルマ”のポテンシャルを感じてもらいたいとのこと。

    丸の内で“空飛ぶクルマ”一般向けVR体験の実証実験を実施

    メルマガ登録する

    メルマガ登録
    週2メルマガ

    最新情報がメールで届く

    登録

    登録