facebook twitter hatena pocket
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録
ニュース
2022.01.13

捨てたいときに捨てられない煩わしさを解消。キングジム、外出中に出るごみを衛生的に捨てられる 「ホルポ」ごみ箱ポーチを発売

株式会社キングジムが、外出中に出るちょっとしたごみをすぐに捨てられる、袋付きのごみ箱ポーチ「ホルポ」を2022年2月4日(金)より発売する。初年度販売数量はシリーズ合計で4万個を目標としている。コロナ禍で顕在化したであろう課題をよく捉えている商品だ。

目次

外出先で衛生的にごみを捨てられる、持ち歩きに便利なポーチ型ごみ入れ

「ホルポ」が開発された背景には、大きく2つの理由がある。1つは、近年、感染症の予防や衛生意識の高まりから、外出先で除菌シートや使い捨てマスクなどのごみが出る機会が増えていること。もう1つが、感染症対策の観点から街中のごみ箱が減っており、レジ袋有料化に伴いビニール袋の使用頻度も減少していることだ。その結果、外出先で出るごみの扱いに困ることが増えるようになった。

「ホルポ」は、内側に専用のごみ袋がセットできる、持ち歩きに便利なポーチ型のごみ入れだ。外出先でちょっとしたごみが出たときに、かばんやポケットを汚さず衛生的に捨てることができる。

「ホルポ」3つの特徴

特徴1:外出中に出たごみをすぐに捨てられるごみ袋付き

ウェットティッシュやガムの包み紙など、外出中に出るごみをすぐに捨てられるごみ袋付きのポーチ。使い捨ての専用ごみ袋をセット・交換でき、ポーチやカバンの中を衛生的に保てる。

特徴2:ロール状の専用ごみ袋で簡単に次のごみ袋に交換できる

専用のごみ袋はロール状で、ポーチの底からごみ袋を引き出すだけでポーチの中にセットできる。袋を都度出し入れすることなく、引き出してミシン目で切るだけで簡単に次の袋に交換可能。

特徴3:片手で開閉できる

開閉部分は「ばね口」になっているため、片手で開閉可能であり、ごみを捨てる際、直接ごみ袋に触れなくて済む仕様だ。また、使わないときはしっかり閉じるため、不意にごみが出てきてしまう心配もなく、ウェットティッシュなど湿り気のあるごみも安心して捨てられる。

なお、サイズは小物用ポケットがついた「スタンダードサイズ」とポケットティッシュケースがついた「二つ折りサイズ」の2種類で、用途に合わせて選べる。カラーは人気のくすみカラーを中心としたクロ、カーキ、ピンク、ネイビーの4色展開。

左:スタンダードサイズ、右:二つ折りサイズ

  • 製品名:「ホルポ」ごみ箱ポーチ
  • 価格 :No.5750(スタンダードサイズ) ¥1,680(税抜き)
    No.5730(二つ折りサイズ )    ¥1,680(税抜き)
  • 発売日:2022年2月4日(金)

株式会社キングジム 公式サイト

メルマガ登録する

メルマガ登録
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録