facebook twitter hatena pocket
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録
ニュース
2021.12.03

「捨てる」ことを「捨てる」新ビジネス。土から生まれて土に還る素材〈CURETEX®〉による、店舗・オフィス向けの循環型事業が開始

株式会社キュアテックスは、独自開発の和紙繊維〈CURETEX®〉が持つ土壌活性効果を活かした新しいビジネスモデルとして、店舗・オフィス向けに新スキームの事業を開始する。〈CURETEX®〉は生分解性が高いうえ、土壌活性効果が認められた「土から生まれて土に還る」サステナブル素材。この素材を使用したオフィス・店舗用品を販売し、使用済みのものを回収後、土壌に還して無農薬で野菜を育てる。収穫した野菜は調理・加工のうえ、導入企業に販売される。

目次

〈CURETEX®〉の新しいビジネスモデル

キュアテックスは、和紙繊維〈CURETEX®〉を用いたSDGsへの取り組みを多岐にわたって行ってきた。このたび、新しい取り組みとして、店舗・オフィス向けに〈CURETEX®〉製のさまざまなアイテムを販売する。

また、使用済み製品の回収も行い、製造時残布とともに農地の土壌改良に活用。〈CURETEX®〉の土壌改良効果により農薬を使わずに作物を育て、収穫した栄養価の高い野菜を冷凍食品に調理・加工し提供する。

1.オフィス・店舗用品を〈CURETEX®〉製品に

店舗・オフィス用品を、従来の一般的な繊維製品・プラスチック製品から、サステナブルな〈CURETEX®〉製品に替える。

〈CURETEX®〉は、製造過程で発生する残布を土に還すため、製造時に廃棄物を出さない。そのため、これまで使用していた一般的な繊維製品・プラスチック製品を〈CURETEX®〉製品に替えるだけでも、廃棄物削減につながる。

2.回収後、土に還すからゴミにならず、そのうえ農地の土壌改良に役立つ

製造過程で発生する残布や使用後に回収した製品などを土壌に還し、農薬に頼らない野菜を育てることができる。

3.収穫した野菜を冷凍食品として提供

収穫した野菜を調理・加工し、冷凍食品として販売する。食材としての野菜の販売も可能。工場や店舗での利用のほか、社員食堂や福利厚生にも活用できる。

〈CURETEX®〉とは

和紙繊維〈CURETEX®〉は、環境破壊につながらない多年生植物由来の原料から、キュアテックス独自の製法で作られるサステナブル素材。肌にやさしく、世界最高水準の繊維の安全証明「エコテックス®スタンダード 100 製品クラスⅠ」(※)認証取得済み。化学的な加工によらない、植物由来の自然な「調湿」「消臭」「UVカット」などの効果も兼ね備えている。

また〈CURETEX®〉は、生分解性が高く短期間で土に還るうえ、生分解される際に土壌の微生物を活性化させる多孔質繊維。〈CURETEX®〉100%の農園芸資材〈キュアシート®〉は、土壌改良効果が認められ、特許を取得している。

※36カ月までの乳幼児、幼児期に触れる繊維製品を対象にした最も厳しいクラス

株式会社キュアテックス 公式サイト

メルマガ登録する

メルマガ登録
週2メルマガ

最新情報がメールで届く

登録

登録